バリケンでゆっびー

気分障害の一種であるうつ病は脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、疲労感、食欲不振、体重減少、焦燥感、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図等の様々な症状が出現します。
ポリフェノール最大の働きはV.C.やV.E.などとは異なっており、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化しにくくする作用を持っています。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えて喫煙・アルコール類・隠れ肥満などのライフスタイルの乱れ、ストレスなどに縁って、現在日本人に多く発病している疾患の一種です。
体脂肪率(percent of body fat )」とは、体内の脂肪が占有するウェートのことであり、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、kg )×100」というシンプルな計算式で確認できます。
20歳代、30歳代で更年期になるとしたら、医学的な言葉で表すと「早期閉経(premature menopause)」という女性疾患に当てはまります(日本では40歳以下の比較的若い女性が閉経してしまう状態のことをPOF(Premature Ovarian Failure)と言います)。
狭心症(angina pectoris)の外科治療としては大体「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス術(CABG)」の二つの異なる手術が高い頻度で採用されています。
内緒で家を売る 西宮市
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、一般的には腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しを伴う位で済みますが、細菌感染によるものの場合は猛烈な腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に38度以上の高熱が出るのが見分けるポイントです。
内臓脂肪型の肥満があった上で、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖の中で2項目以上に当て嵌まる健康状態のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と呼びます。
アルコール、お薬、科学的に合成された食品の添加物などの物質を酵素により分解して無毒化する作用の事を解毒(げどく)と言い、肝臓が果たしている最も大切な任務の一つだと言えるでしょう。
コンサートやライブなどの開催される場所やダンスを踊るためのフロアなどに備えられたとても大きなスピーカーの近くで大きな音を浴び続けて耳が聞こえにくくなる症状を「音響外傷」と言うことをご存知でしょうか?
肝臓をいつまでも元気にキープするためには、肝臓の毒素を分解する力が落ちないようにすること、言いかえれば、肝臓を老けさせない対策をおこなうことが効果的だと考えられます。
バイキンやウィルスなど病気を引き起こす微生物(病原体)が肺の中に入り込み感染してしまい、肺そのものが炎症を起こした有様を「肺炎」と称しています。
汗疱(汗疱状湿疹)とは手の平や足の裏、又は指の隙間などに細かな水疱ができる皮膚病で、世間一般では汗疹(あせも)と呼ばれ、足裏に出来ると足水虫と勘違いされる場合もままあります。
道路交通事故や山での滑落など、かなり大きな外力が体にかかった場合は、複数の部位に骨折が生じてしまったり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、更には内臓が破裂してしまうこともあり得ます。
暗い場所では光量が足りなくてものが見辛くなりますが、より瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに不必要なパワーが利用され、結果的に明るい所でモノを眺めるよりも疲労が大きくなるのです。